結婚指輪はどんなデザインがおすすめか?

結婚指輪は夫婦になる男性と女性が左手の薬指にはめるリングのことをいうのですが、どんなデザインのものがおすすめなのでしょうか?数ある結婚指輪のデザインから選び出すためのチェックポイントはなんでしょうか?

結婚指輪は基本的に着け外しをしないと考えるといいでしょう。

仕事柄指輪がはめられないということもあるかもしれませんが、結婚指輪を購入したほとんどのカップルがほぼ外さずに生活しているそうです。

そのことから考えてみても、結婚指輪は、衣類にひっかかったり、物を持った時に当たったりしやすいデザインではあまり好ましくないといえそうです。

毎日、同じ様なところで指輪が気になるなんてことがあってはせっかくの結婚指輪も外したくなってしまいますよね。

そこで結婚指輪のお勧めのデザインは、シンプルなストレートライン、ゆるいカーブのあるウェーブラインなどになります。

ストレートラインは真直ぐなアームで実にシンプル、もちろん引っかかりも無いし、気になる人は厚みをできるだけ持たせなければ、かなり指にフィットした指輪になります。

ウェーブラインには様々なウェーブがありますが、指の付け根に馴染みやすく、ストレート同様にひっかかりもなくつけ心地は良いデザインとなります。

ストレートラインもウェーブラインも実にシンプルなのでどれも似た様な感じと思う方もいるとおもいますが、素材や加工によって雰囲気も大分変わるので、自分らしい結婚指輪を探すことができるでしょう。

比較的はめている時間が長い結婚指輪は、ひっかかりやぶつからないなど邪魔にならないシンプルなデザインがおすすめです。